早期に雨漏り修理を行えば二次被害を未然に防げる

雨漏り修理はお早めに!~雨漏りがもたらす恐ろしい二次被害~

雨漏り被害

自宅の雨漏りを放っておくと、それが原因で深刻な二次被害に繋がることがあります。雨漏り修理が遅れてしまうと、どのような被害になるのか確認してみましょう。

二次被害の一例

シミになる
雨漏りしていることに気がつくきっかけは天井や壁などのシミであることがよくあります。特に、壁紙は雨水が接着剤の力を弱くするので、とても剥がれやすくなるという弊害もあります。さらに壁紙を何度張り替えても、雨漏り修理しない限り同じ事を繰り返してしまうので、根本的な修理が必要です。
カビが生える
シミと同じ頃に発生するのが、カビです。カビは、湿度や温度が高い環境を好み、空気中の汚れや、建物の木材・塗料・接着剤などを食べ増殖していきます。また、人が普段あまり見ないような所で発生しているケースも多く、壁紙を剥がしてみたら壁一面に大量発生していたということもあります。カビを発生させない様にするには、雨漏り修理や、専門的な防カビ対策をしないといけません。
木材が腐る
カビの被害とともに発生するのが、木材腐朽菌という菌です。その名の通りの、木材を腐らせてしまう菌です。建物に被害を及ぼす代表的な木材腐朽菌には『褐色腐朽菌』と『白色腐朽菌』の2種類があります。『褐色腐朽菌』は針葉樹を好み、杉や松などの木材内部を侵食し亀裂を発生させます。また、『白色腐朽菌』は広葉樹を好み、ケヤキや桑などの木材に小さい穴を空けていきます。
シロアリによる木材の損傷
木材腐朽菌の発生で、建物の柱などが腐食されると、シロアリがやってきます。カビや木材腐朽菌に侵食され、傷んで柔らかくなった木材はシロアリの好物です。シロアリ達はすごいスピードで、建物の重要な部分をボロボロに侵食していきます。シロアリの被害が拡大すると、大規模なリフォームが必要になり、その修繕にはとても大きな費用がかかってしまいます。

二次被害になる前に雨漏り修理を依頼しよう

雨漏りが見つかっても、すぐに修理を行なえば被害は拡大せずに済みます。雨漏り修理の規模も小さく済むので、工事費や材料費も安くなり、経済的です。逆に、雨漏りを放っておくと、シロアリ被害が出るまで、二次被害が広がりまた再発のリスクも高くなります。出来るだけ早く雨漏り修理を行なうことが、大切な建物を守ることにも繋がるのです。

雨漏り修理を依頼して二次被害を未然に防げた人達

雨漏りが起きてもすぐに対処すれば、二次被害を防ぐことが出来ます。迅速に対応してもらった人たちの喜びの声を見てみましょう。

夜中の依頼にも関わらずスピーディーに修理してくれました。(50代/男性)

大きな台風のせいで、夜中に雨漏りしてしまいました。朝まで待てない状況で…夜中なので申し訳なく思いながら業者に連絡すると、すぐに来てくれて助かりました。シミやカビが出来てしまうと思っていたのですが、すぐに対応してくれたので大丈夫でした。

玄関近くの屋根から雨漏りしていました。(60代/女性)

玄関近くの天井から雨漏りがしていました。業者の方に雨漏り修理をお願いしたのですが、とても丁寧に修理してくださったので、助かりました。後から聞くと、玄関周辺は建物の基礎部分で、放っておくと木材が腐ったり、シロアリが出ると聞いて、ゾッとしました。早めに修理して、本当に良かったです。

TOPボタン